2009-08-05



まずはお写真から。
ヒアルロン酸注射による隆鼻、俗称「鼻プチ」の一例です。






いかがですか? 劇的な変化でしょう? 
でも、この治療に要する時間はほんの10分。
ヒアルロン酸1本を用いて行った治療室の中での変化なのです。
「百聞は一見にしかず」ということで、撮影の方向を変えた写真もお見せいたしますね。
この後、充分に止血をしたら、お化粧をして帰っていただいても構いません。





美容外科で鼻を高くする治療と言えば、プロテーゼ(隆鼻インプラント)というイメージが強いのかもしれませんが、ヒアルロン酸やレディエッセ(Radiasse ハイドロキシアパタイト製剤)といった高品質のフィラー(注入物)の登場で、世界は様変わりしたのではないかと思います。

最初はさすがに緊張すると思いますが、治療が終わって鏡を見た患者様から「あら、こんなに簡単なことなら、早くここへ来ればよかったわ」と言っていただくことも多いです。鼻の低さなんて、もはや悩みにもならない時代なのかもしれません。

ただ、ヒアルロン酸であれば製剤はどれでもよいかというとそうではありません。ヒアルロン酸の中にも安全で比較的長持ちするタイプ(大きな分子で半年くらい持つもの)があり、この症例にもそれをお使いしています。組成によってはこういった治療に向いていない製剤もありますので、充分お気をつけください。

ヒアルロン酸以外では、レディエッセ(*)なども元々人間の身体に存在する物質が主成分なので、アレルギー反応の出る心配がなく安心です。 しかも、効果持続時間は1~2年(平均18ヶ月)と言われていますので、むしろレディエッセのほうが、鼻やあご、フェイスラインなどを整え長く保持するには有利でしょう。

(*)ハイドロキシアパタイト製剤、ラディエスという呼び方をする人もいます。

治療の手順も極めてシンプルで、マーキング→局所麻酔→ヒアルロン酸(orレディエッセ)の順番です。終われば本当にあっけないもので、慣れるとお化粧をする感覚に近いと思います。

また、治療の程度ですが、この患者様のように全体的に注入することで劇的に変わることもできますし、鼻の根元の部分にごく少量を注入して小さな変化にすることも可能です。鼻と一緒にあごなどを整えることもよく行っていますが、そうすると顔の中心部にめりはりがついて全体がすっきり引き締まった感じになります。

スーパー鼻プチ、普通の鼻プチ、自分に分かるくらいのプチ鼻プチ(?)・・・
加減は自由自在ですので、自分のご希望のイメージを担当医までお伝えいただければと思います。

それでは、治療室でのあなたの小さなチャレンジとチェンジを心待ちにいたしております。