2008-08-21


みなさんは「涙袋」って何のことかご存知ですか?
これは下眼瞼(まぶた)の帯状のふくらみのことを指しますが、目が大きくインパクトのある人には、ほとんどと言っていいくらいこの涙袋が存在します(*)。

これは涙帯とも言われ、眼輪筋という目を囲んでいる筋肉の厚さや緊張の具合で、瞼板の一部が膨らむことで形成されます。ぜひ、この目の下の部分に注目して、自分が綺麗だと思う女優さん達の顔をもう一度チェックしてみてください。多くの人が涙袋を持っていると思います。涙袋の多くは生まれつきのものですが、実はヒアルロン酸などで簡単に作ることが可能です。

(*)目の下の脂肪が多く下に垂れ下がったbaggy eyeのことではなく、もう少し上にあるふくらみです。
baggy eyeについてはこちら

まず治療前の写真です。この方は涙袋がほとんどなく、つり目が強調されて寂しい目に見えるというのが悩みでした。


 Before


次に少量のヒアルロン酸を注射した直後の写真です。お分かりになりますか?目の下が軽く盛り上がり、自然な感じの涙袋が出来ました。(この施術は赤い針跡が出来たり内出血を起こすこともあります)もうちょっと内側に足すこともできますが、今回はしばらく様子を見てリタッチすることにしました。



After

ところで、涙袋をつくるメリットですが、まず、ぱっと見て目が大きくなったように感じられます。理由は以下のように目として認識される部分が広くなったためです。また、目の下に緩やかなカーブができたことで特に笑った時などに華やかなイメージになります。



認識される目の大きさの違い


いかがでしょうか?
あなたも銀座コクリコで女性らしくインパクトのある目元を手に入れてください。




Before → After